コウモリ退治の方法について - 姿を見ることなく鼠撃退する方法

コウモリ退治の方法について

ゴキブリなどの害虫、ネズミなどの害獣など自然の生き物が家に住み着いてしまうとさまざまな被害をもたらされてしまいます。
家に必要なのはクモやヤモリなど益虫などだけだといいのですが、さまざまな生き物が住み着いていることが分かったら早めに対処しましょう。


健康被害があったり、場合によっては火事などの危険性も高まり命にも関わることもあります。コウモリもまた退治の対象です。小さな身体のためちょっとした隙間からでも入り込んでしまいます。

夜行性なので明るいときは特に何もされませんが、夜になると糞をして家屋を汚したり感染症の原因となったり、布団などに侵入して二次被害を与えられることもあります。
ただ、コウモリの場合は勝手に退治することはできません。

コウモリは蛾やごきぶりなどの虫をえさとすることから鳥獣保護法という法律に守られており無許可で殺処分するのは禁止されているのです。



専門業者にお願いしても退治してくれるということはめったになく、追い出した上で侵入口を塞いでやってもう二度と戻ってくることはできなくするという方法が取られています。

追い出してやるには侵入口の特定や生息範囲などを事前に調査する必要があります。

素人が手軽にできる駆除というわけではないのです。



費用はかかりますが、コウモリをそのままにしておくほうが将来的にどんな大きな被害がもたらされるとも限りません。



駆除の専門業者にお願いして徹底的に追い出してもらうようにするのがおすすめです。

top